シャングリ☆LA!

「写☆んぐりら!」(旧表記)。写真で綴る日々<撮影記、機材、ダイエットや断酒といった生活記録、写真そのものなど>。

俺とお前と。

f:id:shangrila88:20180217215102j:plain


オレオ、たまーに食べます。台所に置いてあったので、少しもらいました。しょっちゅう食べるものではないのですが、オレオの地位は自分の中でかなり強い。食べなくても家の中にあるだけで意識してしまうし、スーパーのお菓子売り場で買うつもりはなくても、存在を強く意識してしまう。

 

スーパーで、オレオの横を通りすぎるとき、台所に買い置きがあるとき、つまんで口に入れる瞬間、私(わたくし)は、重々しく心の中でつぶやく。「お前も」と。これは、私の中では定番の「儀式」となっている。

 

そうなのだ。「俺を」に対して「お前も」である。我々は人間として、生活を楽しまねばならない。ぜひ、明日から実践してほしい。スーパーやコンビニに入って「オレオ」を見つけたら、あるいはオレオを食べようとするとき、その前で「お前も」とそっと心の中でつぶやく(売り物に触っちゃだめよ、念のため)。それでいい。そして一人、ほくそ笑んでほしい。

 

これを読んで、「やってみよう」と深い首肯(しゅこう)に至った方は、人の世の楽しみ方をよく知っている人である。いうなれば生き方の達人であろう。師と仰がせていただきたい。ともにこの世を謳歌しようではないか。

 

……駄洒落一つで、ここまで話を大きくするか?普通?

失礼いたしました。ごめんなさい。

ねぎ

f:id:shangrila88:20180216210607j:plain

薬味がない食卓なんて。

 

おいしいもがあれば幸せ。だが、おいしい食べ物だけでなく、必要な薬味があれば、幸せ度はさらにアップする。小ねぎ、しょうが、にんにく、わさび、唐辛子(七味、一味)、みょうがなどなど、なくても食事はできるが、ないと寂しいものたち。いや、それどころか、「薬味をプラスするのが普通の料理」が食卓にあがっているにもかかわらず、それがないとわかると、「薬味こそ主役」だと言わんばかりに嘆きまくってしまう。

 

薬味がなくても料理は食えるのに。でも、それがないと面白くなくなってしまうだから、しかたがない。

 

つまり、

生きるために必要なものは食料だが、
人生に必要なものは薬味だったのだ。

 

まぁ、薬味といっても、どうでもいいもの(失礼)もあるが、特に「くせの強い」薬味ほど必要さの度合いが高くなる。私だけなのだろうか。

 

もつの煮込みは、我が家ではよく食卓に上がる食べ物。でも、もつ煮込みだけでなくネギと七味は絶対ほしい。ネギは小ねぎでも、ネギの白いところでもいいけど、是非あってほしい。とりあえず白いネギを刻んだので、敬意を表して一枚。

 

でも、全身真っ白で、見栄えよく写すのが難しいです。

ネギラーメン食べたくなりました。

 

※薬味愛のため、誇張した表現があります。

魚をフライで食う

f:id:shangrila88:20180215212309j:plain

しまった!昨日はバレンタインデーであった。なのに月餅の話を必死で書いてしまった。なんとなくやらかした感じがする。まぁいいでしょう。

 

さて。

 

写真は、みんな大好きアジフライ。……でも(あくまで私個人の感想なんですがね)、魚でフライという調理法がすんなり結びつかない感じなんですよね。魚といえば、刺身、寿司、焼き魚、煮魚が真っ先に出てきます。揚げ物というと、きすやあなごのてんぷらが真っ先に出てきてしまう。

 

なので、明日の晩御飯、何食べようと考えたときに、たまに煮詰まるときってありますね?一つひとつあげていって、ふと「アジフライ」に思い至ったときに「おお、アジフライがいてくれたじゃないか!」と感涙にむせぶことがあります(超ウソ)。フライがあった!と。すると、アジに加え、白身魚のフライ(タルタルソースで)など、「フライで魚を食らう」方面を急に思い出すんですよね。

 

そのなかでも、アジフライは私の中では別格。ソースを「ちー」とかけまわして、とげとげとした衣(大きなトゲでなく、小さいトゲの衣が好き)を感じながら、外側ぱりぱりの、内側ふんわりの食感でもって、しっかり・どっしりとしたソース味のやつを、「ハフハフ」いいながら食べるのが最高。私はソースだが、中には醤油という人もいる。なぁに、好きなもんでたべればいい。アジフライたまんねぃぜ。

 

……白身魚のフライって、よくコンビニとかで見かけるけど、白身魚って具体的になんていうサカナなんだろう。

月餅

f:id:shangrila88:20180214211435j:plain

突然ですが、日米修好通商条約で函(箱)館に加え、神奈川、長崎、新潟、兵庫の開港が決まり、日米和親条約で開かれていた下田は(のちに)閉鎖されることになりました。ここまではOK?

 

それで、その全部には行ったことないのですが、函館、横浜、神戸は行ったことがあります(開港地限定というわけではなく、その周囲まで含めて)。それぞれ全然違うのですが、なんとなく漂っている雰囲気に、似たような空気を感じます(※個人の感想です)。函館の町を散策したときも、どこか懐かしい雰囲気を感じたものです(ラッキーピエロにまた行きたいです)。神戸にも何回か行きましたが、また行きたいですね。……結局、異国情緒が好きなんでしょう。

 

先日、その横浜(神奈川区ではありませんが)にでかけ、中華街に寄りました。実は、とても楽しみにしていたことが一つありまして。その一つが土産物を買って帰ること。特にお菓子です。私、月餅や、神奈川土産の定番「ありあけのハーバー」が好きなんです。中華街に行くと、バラで一個ずつ売っているものをいくつか買って帰る、それがいつもの楽しみなんです。

 

まぁ、月餅はコンビニでも手に入りますが、なんと言いますか、中華街で買ったという雰囲気が楽しいのですね。

 

地味なお菓子なので、子どもの時は全く見向きもしませんでした。でも、食べてみたらおいしくて、よくつまむようになりました。周りの友人に「月餅、うめぇよな!」と話しかけると、「は?」という顔をされることが多いです。案外存在を知られていないのかも、と思いちょっと月餅というお菓子のことを書いてみました。

 

ちなみに、本来は旧暦の8月限定のお菓子で、いうなれば月見団子みたいなものだったみたいですね。

f:id:shangrila88:20180214211514j:plain

小さい路面電車の博物館

f:id:shangrila88:20180213211703j:plain

昨日、中華街の話を書きましたが、3連休にはもう一つ訪れた場所があります。

 

世の中に鉄分の濃い人がたくさんいます。ウチも親子で鉄道好き。と、いうより子ども興味に引きずられて鉄道に興味が向くようになったというか。家族で共通の興味があるのは、結構楽しいです。

 

今までは移動手段も自家用車ばかりだったので、最近はすっかり電車派となり、どこへ出かけるにも電車ばかりになりました。いや、便利になりましたよ。駐車場待ちとか、駐車場を探してウロウロとか、渋滞はまってイライラとか、そんなのがすっかりなくなりました。また、電車の中で勉強したり読書したりして、時間を有効に使えるようになりました。。。断酒していつでも車を運転できるようになったのになぁー(といっても田舎ゆえ、車は手放せないというのが矛盾したところですな)。

 

で、話戻して、横浜市に「横浜市電保存館」という施設があるのを知り、休日に見に行くことにしました。横浜の「根岸」という駅からバスに乗って5分くらい。ちょっと不便な場所にありますが、おでかけになるのであればやっぱり公共交通機関がおすすめ。駐車場狭いです。でも、小さい博物館であり、もうすでになくなった鉄道(路面電車)の博物館でもあるので、三連休とはいえ、そんなに混んでなかったです。見学時間は1-2時間程度。

 

鉄道博物館のような万人向けの施設ではないし、鉄道好きでも興味をひかないかもしれません。でも、市電(横浜)やその歴史についての知識が充実しているし、本物の鉄道が何両もある(乗れます)ので、小さいお子さんは楽しめると思います。どの車両にも帽子が置いてあって、記念写真もばっちり。鉄道模型の運転などもできます(100円だったと思います)。

 

昭和47年(1972年、かな?)に廃止になった鉄道なので、昭和感もたっぷり。細かいところをみていても楽しいです。↓こんなのとか。宝くじは第一勧業銀行が売っていたんですね、これ見て思い出しました。若い方はピンとこないかもしれませんね。いまのみずほフィナンシャルグループ(第一勧業銀行、富士銀行、日本興業銀行が統合してできたやつ)ですね。ハートのマーク、ナツカシイ(別に関係者じゃありませんが)。夢を買いましょう、だって。。。雰囲気も楽しい。

f:id:shangrila88:20180213211805j:plain

……近所の人で鉄道好き(電車が好きな小さな子なども)なら楽しめると思います。また、横浜の原鉄道模型博物館、中華街、みなとみらい、山下公園など、横浜駅周辺の観光地とのアクセスもいいので、セットで訪れる計画にするといいんじゃないでしょうか。ただ、遠方に住んでいるの方が、ここだけを目的にすると拍子抜けしてしまうかも(路面電車好きなら別でしょうが)。それほど大きい博物館ではありませんので。

 

結構、こういう小さい、何かに特化した博物館、きらじゃありませんの。ワタクシ。面白い博物館があれば教えてください。

中華街

f:id:shangrila88:20180212213125j:plain

三連休には横浜の中華街に出かけました。昼食をとって少し散策した程度なのですが、さすがに三連休とあっていい混み具合。写真を撮ってあるくとひんしゅくを買いそうな混み具合だったので、カメラもあまり出せず。。。ただ、あの混み具合や、狭い路地に看板やら提灯やらぶら下がっている様子を見て「望遠レンズを持ってくれば、圧縮効果を活かして面白い写真が撮れたな」と少し後悔(望遠レンズには圧縮効果といって、距離感を文字通り圧縮して写す効果があり、肉眼では見られないような写真を撮ることができます)。

 

とはいえ、このこみ具合でレンズの交換なんぞしていられないので、18-200とか18ー300とかの高倍率ズームが欲しいなぁと、チラリ。ああ、いかんいかん、物欲は封印。……まぁ、もし来ることができれば、平日にゆっくりと散策したいところであります。

 

さて、3連休ではまだでしたが、中国では2月が旧暦の正月にあたります。中華街でも旧正月春節)にはイベントが行われるみたいです。うちは混雑がいやなので、むしろイベントを外したがるのですが、イベント好きなら中華街のホームページを調べて日程を確認したうえで訪れてみてはいかがでしょうか。2月15日にカウントダウンをして、その後3月初めくらいまでがイベントの期間になっているみたい。「爆竹と獅子舞」など華やかなイベント色々あるみたいですよ。

 

……中華街に行っていつも思うのは、飲食店が多すぎて、どの店が安くて美味しいのか、全く分からんなぁ、ということ。あえて飛び込んでみて、うまいかどうかわくわくしながら待つ。それもまた楽しみの一つ。

どらやき

f:id:shangrila88:20180211142302j:plain

あ、あんたを食べる気なんか、なかったんだらね!消費期限が今日までだったから、しょうがないでしょ!まぁ、最近気が緩んでいるのは認めるケド。。。普段だったらあんたのことなんか見向きもしないんだから、いい気にならないでよね!

 

……すいません。久しぶりのどら焼き、おいしゅうございました。どら焼き業界の方々、失礼いたしました。

 

今ままでは、どら焼き行きたくなったらシャトレーゼの糖質OFFのどら焼き食べていたのですが、今日は普通のやつ食べちまいましたね。甘いもの、結構好きなんですね。転んでもただでは起きないので、写真も撮ったのですが、断面というのは何で食欲を刺激するんでしょうかねー?どら焼きにせよ、ギョーザなどの類にせよ、外側と内側の様子が違うものは、本当にうまい内側(具の部分)が見えるからでしょうか?ステーキやらパンも断面が見えると断然美味そうに見えますよね。。。

 

ただ、スパっと刃物で切った方がいいのか、手で割ったように見える方がいいのか、悩むところであります。

 

。。。。今日は家族がみんな外へ行ってしまったので、お留守番。休日になると、何か楽しいことをしなきゃ!みたいな思いにかられて焦ってすごすのですが、やわらかい日差しの中でのんびり。こんな一日もいいじゃないの。

 

まぁ、夕方でかけるのですがね(これは昼間書いています)。