読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シャングリ☆LA!

「写☆んぐりら!」(旧表記)。写真で綴る日々<撮影記、機材、ダイエットや断酒といった生活記録、写真そのものなど>。

これ、結構好きなんだよね。

ダイエット 断酒 糖質OFFの常備食 食べ物

f:id:shangrila88:20170413222304j:plain

今日の写真、今まで書いたものと矛盾してそうな気がしませんか(特に昨日書いたもの)。でも、矛盾していないんです。糖質制限ダイエッターのおやつとして、基本的な存在として「するめ」が知られています。それに近接する存在で、私が結構好きなおやつして「いわしの干物」をあげられます。ただ、スーパーの鮮魚コーナーに売ってそうな本格的な干物でなく、コンビニの酒のつまみのコーナーに置いてある「ミニサイズのいわしを干物にして袋詰めにしたもの」とでもいいましょうか。まぁ、酒のつまみ専用(?)、その干物です。

 

私、これが案外好きなんです。さすがに、コーヒーのあてにはなりません。でもね、お茶や炭酸水のあてにはなるんですよ。ちょっと小腹がすいて、アーモンドやチーズだと脂質やカロリーを多く摂りすぎちゃうかな?というときや、しょっぱいものを食べたいときに、この干物に手が出ます。

 

で、私が断酒していることを知っている人は、「糖質制限にいいのはわかるが、こんなつまみみたいなもの食べてたら、酒のことを思い出しちゃうんじゃないの?」なんて心配してくれます。

 

でも、心配は無用。だって、酒飲みのつまみとして、この干物を買うことはほとんどありませんでしたからね。なぜなら、量が少ないのに、結構いい値段したからです。実際、酒を買うだけでもかなりの値段になるのに、高いつまみまで買ってらんないので、酒を飲んでいた頃は、好きだったにもかかわらず、このおつまみは食べなかったんです。おかげで、断酒+糖質制限の友として、十二分に活用させていただいています(これを食べたところで、酒のことを思い出したりすることはないですね)。

 

※そんなうんと高いわけではありません。ただ、それだけ酒に金を費やしていたということです。早く気付くべきでした。後悔してます。


それで、このようなイワシの干物のおつまみですが、実は、「カタクチイワシ」または「ウルメイワシ」を使った2種類が売られています。私が好きなのは、ウルメイワシの方ですね。なんというか、かめばかむほどうまみが出てくるし、雑味や苦味が少ない(製法によるものかもしれませんが)ので。両方見つけたら、食べ比べてみるのも面白いと思います。

 

コンビニでは最近、売っているところが限られていて、見つけると、つい手が出ます。近所のスーパーでは「カタクチ」の方は置いてあるんだけれど、ウルメの方が置いてないです。このように、置いてある場所がかなり限定されてしまうので、見つけたら食べてみてください。魚が好きなら、気に入ってくれる人も多いんじゃないかな?(頭から丸ごと食べられますが、骨は全く気になりません)。

 

※体重→今朝量ったら、何と60キロを割り、50キロ台に突入しました。瞬間値でまた少し戻ると思いますが、本格的に維持期(メンテナンス期)に移行する準備が整ったようです。ちょうど、「スーパー糖質制限」から「スタンダード糖質制限」に移行するタイミングだったので、ここまで落とせてよかったです。今度は、リバウンドを防止できるよう体重のコントロールを目指します!!

 

※断酒99日達成。いよいよ、明日になれば100日大台に乗ります!やっぱり、切りのいい数字は気持ちよいものです!今日飲まなければ大丈夫ですが、100%飲まないので、100日達成はほぼ目前です!さぁ、私は断酒100日を達成できるのか?

では、明日早いので、今日は早めに休みます。おやすみなさい。


☆PHOTO:D7100 + AF-S DX Micro NIKKOR 40mm f/2.8

※当ブログではダイエットなど健康の話題に触れていますが、それ以外の話題も含め、あくまで個人的な体験談・感想にすぎません。特に健康面に関する事柄は、当ブログ以外で信頼できる情報を収集・参照してくださいますようお願い申し上げます(当ブログの記事を参考に何かを実践して不具合が起きても、責任などは負えません)。

甘いもの大好き、酒は嫌い(になった)。

ダイエット 断酒 食べ物 糖質OFFの常備食

f:id:shangrila88:20170412225910j:plain

今日の帰りのこと。コンビニに寄ると、ファミリーマート×ライザップの糖質控えめシリーズが目に入りました。この前買って帰ったバウムクーヘンがなかなか良かったので、今度は抹茶プリンを買うことにしました。カスタードプリンやいちごのショートケーキもあったが、ちょいと高いので、抹茶プリンを買って帰りました。

 

糖質8グラム程度(エリスリトールを除く)ということで、夕食を気を付ければ問題ないと思っています(糖質制限ダイエッターなので)。

 

食べたら、甘くて、こってりしていておいしかった。幸せです。ただ、値段はそれほどでもない感じなんだけれど、量が少ないのであっというまに終わってしまう感じです。残念、もっと食べたい……んー、俺、いつからこんなに甘いもの好きになったんだ??

 

前は甘いものより、塩味のものが好きでした。甘いクッキーやチョコを食べるくらいなら、せんべいやポテチが大好きでした。今でも嫌いではないですが、食事以外で食べたいと欲するのは甘いものです。冷凍庫には、シャトレーゼ糖質制限どら焼きなどが入っているし、甘味料は何種類かストックしてあるし。前はブラックコーヒー党だったのに、いつの間にか甘味料を入れて飲むスタイルが定着しているし(ブラックも飲む)。

 

ローカーボ系ダイエッターにとって、自分の嗜好が「甘いもの大好き」よりも「甘いもの苦手」の方が、どちらかというとダイエット生活を続けやすいのに!しかも、糖質制限(江部式)の食事法で、今までスーパー(三食とも糖質を制限する)から、スタンダード(一日二食の糖質を制限する)に転換しつつあり、少し注意を要するこの時期なのに!!。なぜか、毎日甘いものを食べたくて。

 

結果としてファミマ×ライザップのスイーツを楽しくお買い物。

 

なぜだ???なぜ、こうなってしまったのだ?

と考えたときに、思い当たるのが、断酒しているということかなと。酒を断ち、なおかつ糖質を断っていると、その両方をやっていることで、「甘み」へのあこがれが非常に強まっているのではないかと。だって、今、特に食べたいものといえば、ブラックサンダーみたいな、庶民的な甘みの奴だもの(食べないけども)。それか、まんじゅう。団子。月餅でもいい。とにかく甘いの、強烈に(食べないけども)。

 

どこかで書きましたが、前に断酒をやったとき(断酒、何度もやっているので、どの時期の断酒かわからなくなってしまいましたが)も、酒を我慢する代わりに甘いものをたらふく食べて、すごく太った経験があります。仕事帰りに饅頭を買って(いつもは酒を買うタイミングですよ)、帰り道に買い食いして帰りましたもん。それで「酒」の魔の手から逃れたんですもん。酒断ちして「ささくれだった精神」を、甘いもので安定させたんですもん。感謝しているけれど、そりゃぁ、太りますよ。ドラッグストアに行くと、ブラックサンダーとかそういう甘いチョコ系の菓子を、スーパーに行くとお徳用のバウムクーヘンやミニドーナッツを買って、酒の代わりにそれ食べてたんだから。。。

 

で、今回の断酒では糖質制限も同時にしたため、甘いものも自粛せざるを得ない。でもねぇ、なぜか、酒を断つと甘いものを食べたくなるんですよねー。これは断酒初期に読み漁ったいわゆる「断酒ブログ」で、同じ感想を語っている人が多かったです。でも、断った。酒も、糖質も。

 

とにかく、酒から逃げたかった。このままいくと、肝臓を中心に体がやばい、常に睡眠の質が悪く、毎日疲れを残して活動を続けていた。酒の臭いがするんじゃないかとおびえ、人と近距離で話をするのをなんとなく避けたりしていた。酒を飲んで楽しいはずが、ただわけが分からない泥酔の世界に入って喜んでいるだけで、よく考えてみるとちっとも楽しくなく、そもそも、一番酔っぱらっている時間<酒飲みにとって一番楽しい?はずの時間?楽しいはずはないと思いますが>を覚えてもおらず、そんな酒に無駄遣いをする自分に対する怒りと、これだけのマイナス面を抱えながら、それでも酒を飲もうとする自分に対する怒りが、さらに自分に対する情けなさをかきたてた。

 

そして、酒を飲んでいると太る。酒自体に大きなカロリーがあるうえ、酔っぱらって理性をなくすと、多量のつまみを食べてしまう。控えていたはずの糖質も食べてしまう。毎日酒飲んで、これだけつまみを食べて、運動もせず、体重も増加しているなら、肝臓やそのほかの内臓に大量の脂肪がついているのは、間違えなさそう。これも落とさないと。

 

で、今に至ります。幸いダイエットは成功への軌道に乗り、マイナス10キロでほぼ目標値まで達し、断酒ももうすぐ100日の大台に乗りそう。

 

でもね、やっぱりストレスあるんですよ。あ、誤解なきよう言いますが、一応、断酒もダイエットも楽しみながらやっています。どちらにも夢中になっていまして、毎日楽しくやっているんです。でも、やっぱり甘いものを食べたいという欲求が強まっていて、これはストレスにすらなっているんですね。

f:id:shangrila88:20170412230124j:plain

そんな状況を救ってくれるのが、このような糖質制限スイーツなわけです。たぶん、同じようなことをやっている人がたくさんいると思います。きっと楽しく、自分を変えられると思います。もし、断酒やダイエットを頑張っていて、色々見て回っている方がいましたら、一緒に頑張りましょう(ただ、ダイエットに関しては、正しい情報をよく調べたうえでやらないと危険を伴います。信頼できる情報を得たうえで頑張ってください。断酒も、お医者さんに診てもらいながらやった法が良い人もいると思いますので、こちらも自信がなければ医療機関に相談されるとよいのではないでしょうか)。

 

私も、写真、断酒、ダイエットなどを頑張って、ここで報告していこうと思っています。当ブログも楽しみながら続けていくつもりです。よろしくお願いいたします(なぜ、急に挨拶になってしまったのか。ただ、断酒やダイット専門のブログというつもりもないので、私の周辺にあるさまざまなことを書いていくつもりですが)。写真(カメラ)も、ダイエットも、断酒も明日の幸せのためにあるものなのだと思います。明日は、過去より幸せなものであると信じたい。そして、その原動力になるものは、断酒など今夢中になっていることがまさに「それ」なのだと。

では、お休みなさい。今回はとりとめのない内容となってしまい、すいませんでした。 

 

☆PHOTO:D7100 + SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM

※当ブログではダイエットなど健康の話題に触れていますが、それ以外の話題も含め、あくまで個人的な体験談・感想にすぎません。特に健康面に関する事柄は、当ブログ以外で信頼できる情報を収集・参照してくださいますようお願い申し上げます(当ブログの記事を参考に何かを実践して不具合が起きても、責任などは負えません)。

ちょいと前に回転ずしへ行って困ったこと

ダイエット 食べ物

f:id:shangrila88:20170411230805j:plain

写真は、本文とは関係ない宅配ずしです(しかも大分前に撮影しました)。本来、写真ブログ(写真日記的な)なんですが、最近はダイエットの話ばかり。。。まぁ、食べ物の写真ばかり撮影しているからいたしかたないですね(笑)今日は、写真もサボって、思いついた話を書きます。

 

さて、外食と糖質制限、結構重要なテーマです。最近は糖質制限に適合したメニューなどを出している店も増えてきました。ありがたいことです。

 

ただ、糖質制限ダイエッターが行きづらい外食があります。回転寿司です。ただ、家族でちょっと外食!なんていうときに、下手なファミレス行くより安く上がったりするので、是非うまく活用したいものです。また、家族が好きなんですよね。で、お父さんとしては連れて行かざるを得ない。

 

でも、食べるものない(笑)。以前は「はま寿司」というものがあり、これが切り札でした。だって「刺身」がメニューにあったのです。いままでは刺身を目当てにはま寿司へ行っていたのですが、この前行ってみたら、いくら探しても刺身がない。どうも、メニューから落ちてしまったらしいのです。

 

……焦りました。でも、いくら「回転」だからといって、寿司を取ってネタだけひっぺがして食べるのも、なんだかなぁー、と思ったのです。ダイエット的にはそれで良いのだろうが、目の前に子どもがいると、やりづらいですよね。

 

まぁ、いずれにせよ、私の知っている限り、刺身を出してくれる回転寿司は、近所からなくなってしまいました。対策を講じなければなりません。

 

とりあえず、はま寿司。行ったときに頼んだのは、とりのから揚げ、まぐろの竜田揚げ、サラダ、とん汁(イモは残させてもらいました、ごめんなさい)、あさりの味噌汁。こんなところを選んで食べました。から揚げとアサリ類を蛋白源として、サラダで野菜類をとりましょうか……という戦略です。から揚げは2皿頼んだかな?実物を見ると意外と小さかったので、追加したような?衣の糖質は、まぁ、許してね、という感じで、毎日行くわけではないので多少目をつぶり気味で。あさりの味噌汁の代わりに酒蒸しでもよかったかも。ただ、私、しょっぱい汁物がすきなんですよね。

 

カッパ寿司も、やっぱりから揚げを筆頭に、ラーメンのトッピングだけ盛り合わせた奴、まぐろのあら汁あたりを中心に食べることになるでしょう。アサリの味噌汁みたいなやつもあったかもしれない(HPみたら、貝の味噌汁と書いてあります)。今、ホームページ調べたら、やっぱりサラダはなかったですね。大した違いはないけれど、サラダがある分、はま寿司の方が、ちょっとだけ行きやすい感じがします。

 

他は、行かないので、潔く割愛(笑)。

 

いずれにせよ、回転寿司は食べるものが少ない。他のファミレスなんかでも状況は変わらないんだけれど、回転寿司ってちょっとしたものをあれもこれもと、手を出すのが楽しいのに、ローカーボやっているから相当限定されちゃう。ちょいとつまんないお父さんなのですが、家族が喜ぶならそれでもいっかという感じです。

 

家にチーズやナッツ、缶詰を用意しておいて、家に帰ってから物足りない分を調整するといいです。(寿司に限らず)私はそうしています。

 

以上を踏まえた回転寿司の対策(スマートに糖質制限するには)。まとめ。

☆私の対策1☆一品もので、から揚げ、アサリの味噌汁、トン汁、サラダなどを活用して満腹を目指す。

☆私の対策2☆揚げ物関係の衣は、ある程度は目をつぶる。

☆私の対策3☆家にチーズ、ナッツなどの低糖質食品を用意しておいて、もの足りない場合は、帰宅後それをつまむ。

☆私の対策4☆回転寿司を楽しみたい←寿司、一皿くらいは食べちゃうか。今日、一皿くらいは、ま、いっか、という気持ちで行く。(甘く調理していない寿司で、魚介の寿司の場合は糖質量は16グラム程度を目安にしていますが、種類によって、シャリの大きさによって変わるので、一応調べた方が無難です。ここに書いたものは、あくまで目安にすぎません、ご了承ください(私が手元に置いているのは「食品別糖質量ハンドブック」監修 江部康二 です)。なお、上記一皿は二貫(これもいろいろ解釈があると思いますが、握りが二つという意味です)です。

 

※ローカーボ系ダイエット、いろいろあるので、流派によっては推奨の糖質を食べられる上限が違いますので、ゆるい制限だったら、一皿くらいであればOKかもしれませんね(他のメニューとの兼ね合いも大事です)。ご自身が実施されているダイエットのやり方をご確認ください。

 

以上、私の回転寿司対策でした。いつものように言っておきますが、あくまでも私が自己責任で勝手にやっていることを報告しているだけです。みなさん、本当に信頼できる情報を必ず参照し、当ブログの内容を吟味してくださいね。私も素人なので、信頼できることを言っているとは限りませんので。。。ご了承ください。あと、上記メニューの糖質量は調べたわけではありません。いっつも、目分量と感覚だけで最近はやっています。私がメニューを選ぶならこんな感じで、という紹介にすぎませんので、この点もご理解ください。

 

☆断酒はついに97日を達成しました。100日達成までカウントダウンに入っております!自分的にはものすごく盛り上がっています!!

 

☆PHOTO:D7100 + AF-S NIKKOR 35mm f/1.8G ED(たぶん、これだと思う)

 

※当ブログではダイエットなど健康の話題に触れていますが、それ以外の話題も含め、あくまで個人的な体験談・感想にすぎません。特に健康面に関する事柄は、当ブログ以外で信頼できる情報を収集・参照してくださいますようお願い申し上げます(当ブログの記事を参考に何かを実践して不具合が起きても、責任などは負えません)。

いちごジャム、おあずけ……。

ダイエット 食べ物 季節

f:id:shangrila88:20170410213441j:plain

仕事から帰ってきたら、かみさんがいちごでジャムを作っていました。思わず、カメラでパチリ。いちごの甘酸っぱい香りがぷーんと香ってきましてねぇ。うまそー。そうねぇ、パンにつけて食べても良いし、ヨーグルト(プレーン)にかけて食べてもおいしいですねぇ。いちごの粒をそのまま残しておいて、ヨーグルトに粒ごと落として、いちごを潰しながら食べてもいいですねぇ。

 

……って、俺、糖質制限中じゃん!ダイレクトに砂糖の塊だからなぁ、あきらめるか。エリスリトールとか、パルスイートゼロとかでジャム作れないかなぁ。体にゃ良くないのだろうが、甘味料で作れないかなぁ。純粋なエリスリトール(良くは知らないのですが、これは一応、天然の甘味料に分類されるらしい。ガセネタかも知れないので、これをそのまま信じちゃだめですよ)、血糖値に影響がないし、天然由来のもの(らしい。先述した通り)であることは結構だけれど、砂糖と比べて甘みが少ないんですよ。あの、ガツンとした甘みがなくて、ちょっと物足りないことがあるんですね。

 

あと、エリスリトールって、甘みの質が「スー」とするというか、その独特な風味があるんですよね。わかりますかね?なんか、涼しいというか、冷たい味がするのですね。特に純粋なエリスリトールでお菓子作ったりすると、感じます。「冷たい」って「味」じゃないだろ!と、いう方もいらっしゃると思いますが、食べてみればわかるんじゃないかと思います。言ってることが。「冷たい」味がするの、俺だけかな?

 

※純粋なエリスリトール、アマゾンとかで買えますので、試したい方はどうぞ(ただ、その一方でエリスリトールを使っても冷く感じないのもあるので、このカラクリはどうなっているのか知りたいものです。冷たく感じるときと、そうでないときがあるんですよねぇー、不思議です。はい)。

 

……文句言ってるように聞こえますが、エリスリトール人工甘味料には感謝しているのですよ。糖質制限しつつも、甘いものを食べることができるのですから。これなくして、糖質制限はできないですものね。おからクッキーとか、甘いコーヒーとか、甘い紅茶とか、料理とか。あと、市販の糖質オフのお菓子、料理などには甘味料やエリスリトールは欠かせないように思います。ただ、甘味料の使用については、やはり賛否両論あるので、このあたりもいろいろ調べて、納得したうえで使ってください。私は、使っちゃってますが、という話です。

 

いずれにせよ、砂糖のようにガツンと甘くて、なおかつ血糖値に影響がない甘味料を使って、いちごのジャム作れないか、ちょっと調べてみたいです(調べていない←調べてから書こうよ←めんどい!←またそれか!!)。

 

なお、私は甘味料、2~3種類常備しておいて、いろいろ使っています。コーヒーにはこれ、とか、料理にはこれ、とか。この話は、そのうち気が向いたら書こうと思っています。

f:id:shangrila88:20170410213617j:plain

☆作っている最中からおいしそう。さすがに三脚は出せなかったので、暗い中、手持ち撮影で頑張った。

 

さ、今週が始まった。仕事、頑張ろ!

 

◎断酒は96日。100日大台まであとわずか!飲酒欲求はほとんどないが、油断するとどうなるか、不安はあります。

 

☆PHOTO:D7100 + SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM

 

※当ブログではダイエットなど健康の話題に触れていますが、それ以外の話題も含め、あくまで個人的な体験談・感想にすぎません。特に健康面に関する事柄は、当ブログ以外で信頼できる情報を収集・参照してくださいますようお願い申し上げます(当ブログの記事を参考に何かを実践して不具合が起きても、責任などは負えません)。

 

たまには「小さく」脱線

食べ物 ダイエット 断酒

f:id:shangrila88:20170409204132j:plain

糖質制限ダイエッターとして体脂肪と格闘してきました。今朝量ると、ついに61キロを割って、60キロ台になっていました。瞬間値なので、また少し戻るのでしょうが、理想としては今後、瞬間値で60キロを割ったりしながら、60キロ前後で安定すればいいなと思っています。もう、ほぼ目標値まできましたね。。。計測した最大値は71.6キロ(実測値ベース)なので、かれこれ10キロ以上体重を落としたことになります。

 

断酒も95日となり、100日の大台に乗るのも目前になってきました。こちらもほぼ安定していますが、この前のように飲酒に対する「あこがれ」が急速に高まる場合があるので、まだ注意が必要です。。。。場合によっては一生戦うことになるかも。どうしようもないですね。ま、今回は、とりあえず読めば飲酒を止められる(自分の場合ですが。他の方が同様の効果を得られるかは、わかりません)断酒の切り札である『禁酒セラピー』を使っていないので、いざとなればこれを読めば何とかなるだろうという安心感はあります(最後に頼るものがあるという安心感)。

 

いずれにせよ、色々なことが結果を伴う形で目に見えてきて、うれしい限りです。

 

さて、本日は「本物の砂糖」でできたお菓子をつまみ食いしました。とはいえ、本格的に食べたわけではなく、昼間にクッキー1枚、卵白マカロン一粒を味見しただけなので、それほど影響はないと思います。本格的にがっつり食べちゃったら、少し調整が必要になるのでしょうが。クッキーは香ばしく、ゴマの風味も高い「ああ、小麦粉で作ったお菓子だなぁ」という感じ。卵白マカロン(写真の白い方)は、強烈に砂糖を感じるお菓子で美味しかったです。

f:id:shangrila88:20170409204746j:plain

……もっとも、私の心の奥底では、体重が60キロ台に入ったからといって、油断してこのまま崩れないように気を付けようとは思っています。一方で時折意図的に息抜きをして、「大崩れ」しないように調整して行くのも重要な戦略と思います(今回は京都旅行から少ししか経っていないので、その点、少し反省しておりますが。。。)。

 

また、今後考えねばならないのは、昼食をどうするかということ。このところ、仕事の関係で、昼食については糖質制限を続けづらい状況があります(平日)。昼食に限っては、糖質制限を緩和せざるを得ないかなぁ、と思案中です。

 

今まで私がやってきたのは、ローカーボ系ダイエットの色々な流派の中の「江部式」(で、いいのかな?)。江部式(とりあえず、こう呼んでおけば通じると思います)は三食とも抜く「スーパー」、一日に二食を糖質制限する「スタンダード」、一日に一食だけ糖質制限する「プチ」の三種類あるのですが、今後はそのような事情もあり、「スタンダード」型で、体重・体形を維持するモードに転換しようかな、と思っています。

 

これでうまくいかない場合は、また少し考える必要がありそうです。せっかく痩せても、リバウンドしちまったら意味ないので。いずれにせよ、糖質に気を遣う生活は今後も継続していきますし、その中での「気付き」はここで書いていきたいと思います。

 

☆PHOTO:D7100 + AF-S DX Micro NIKKOR 40mm f/2.8

 

※当ブログではダイエットなど健康の話題に触れていますが、それ以外の話題も含め、あくまで個人的な体験談・感想にすぎません。特に健康面に関する事柄は、当ブログ以外で信頼できる情報を収集・参照してくださいますようお願い申し上げます(当ブログの記事を参考に何かを実践して不具合が起きても、責任などは負えません)。

ようやく休み。でも、昼のカレーくらいおいしく食いたい。

ダイエット 食べ物

f:id:shangrila88:20170408221330j:plain

長い一週間が終わろうとしています。新年度が始まり、私と同様に新しい仕事をやり始めた人、新しい環境に入った人、など、似たような人、多いんじゃないでしょうか。人間関係がまったく新しくなった人なんかも多いことでしょう。

 

みなさん、元気ですか!?

 

さて、ようやく土曜日にたどりつき、8時半ころまで寝てしまっていました。本当はもっと寝坊したかったのですが、酒を我慢するために炭酸水などをたくさん飲んで寝るために、トイレ行きたくなって起きてしまいました。残念。

 

一日のんびりしているつもりでしたが、家電の調子が悪くて買い替えたりしていたため、なんとなく出かけたりしているうちに一日過ぎてしまって。今日は早めに休もうと思います。

 

今日のランチは、あいかわらずのゼロ麺と、ローカーボダイエッターでも手が出せる(と思う)カレー「いなばのタイカレー(チキン+グリンカレー)」。昼くらいは家族に余計な負担をかけなかろうと自分で作りました(といっても大した手間ではないが)。

 

それで、紀文の糖質ゼロ麺といえば糖質制限の友……なのですが「平麺」については、水の切れが悪いという問題が未解決のままだったのです。

 

つまり、前回も書いた通り、糖質ゼロ麺を使ってフライパンでいためたり、なべで茹でて、汁と一緒に食べるような食べ方なら問題ない(と思う)のです。でもね、例えば①ザルなどでゼロ麺の水気を切って、②パスタの素を絡めたり、缶詰のカレーをかけて、③レンジでチンして、④食べる――といったような食べ方をする場合ですよ、この場合。大きな問題が起こるのですね。

 

どんな問題かというと、水気が切れないのです。ザルに入れて、よーく水を切ったくらいでは。他の調理方法では問題ないのかもしれないのですが、自分の場合、できるだけ手を抜きたいわけです。なので、何か具材を上からかけて、レンジでチンして食べるくらいの勢いで、なおかつ糖質制限で、なおかつ麺を食べたい。そんな贅沢な夢をかなえたい!、そしてそれを可能にしてくれたのが紀文の糖質ゼロ麺なわけです!素晴らしい!毎週スーパーで買って、冷蔵庫に入れておくくらいの大事な食品なわけです。

 

でも、水切れが悪いのです。だから、レンジでチンして食べようと器の下の方をジーとみていると、水が溜まっているわけです。水がたまると、これが味を薄めてしまうという問題が発生するわけです。これ、何とかしたいのです(写真は以前も載せたやつです)。

f:id:shangrila88:20170323230830j:plain

で、今日は、こんな風にしてみました。①袋から出してあらう、②ザルに入れて水気を切る(イメージできるかなぁー、ザルに入れたままザルを振り下ろすと、麺がザルの中でバウンドするような感じになって、その勢いで水が下に落ちるんですね。ラーメン屋に行くとご主人が水切りやってますね?あれを普通のザルでやる感じです)。ただ、これを一度や二度ではなく、10回以上、バウンドさせて水切りをし、③そのまま20分くらい放置、④麺だけレンジでチン→水が出てくるので、一旦ザルに取って水を捨て、⑤カレーを載せてレンジでチン、⑥食べる。

 

今までと違うのは20分くらい放置して自然に水切りする時間を設けたことです(今までも水切り→放置→水切り→放置と、いった風に放置の時間を設けましたが、ごく短時間でした)。これをするだけで随分違った印象となりました(出てくる水が減った)。ただ、めんどい。手軽にゼロ麺を食べたくて、電子レンジでチンする方式を採用しているのに、かえって面倒になっているのはなぜだ。あと、まだ水が少し出てくるんですね。

 

もうちょっと工夫の余地ありですね。例えば、1時間前くらいにザルにあけておいて放置し、何か水を吸い取るもの、例えばキッチンぺーパーなどを敷いてから今までより長めレンジでチンするとか。とにかくこの水気をできるだけ取る方法をもうちっと工夫したいと思います。なおかつ、面倒くさくない……丸麺の方は良く水を切れば、それほど気にならないんですけどねぇー。

☆PHOTO:D7100 + AF-S DX Micro NIKKOR 40mm f/2.8

※当ブログではダイエットなど健康の話題に触れていますが、それ以外の話題も含め、あくまで個人的な体験談・感想にすぎません。特に健康面に関する事柄は、当ブログ以外で信頼できる情報を収集・参照してくださいますようお願い申し上げます(当ブログの記事を参考に何かを実践して不具合が起きても、責任などは負えません)。

 

ついに「ライザップ」!……かな?

ダイエット 糖質OFFの常備食 食べ物

f:id:shangrila88:20170407234209j:plain

ダイエット(ローカーボ)頑張っている俺も、独力に限界を感じているぜ。そろそろ人の手を借りるときが来たのではないだろうか?糖質制限を採用している機関で、病気の治療が目的ではなく、あくまでもダイエット目的で人の手を借りるとしたら?ま、パッと思いつくのはライザップだわな。そんで、おいらもライザップ利用することにした。俺もお立ち台(?)の上で、テレビCMのようにぐるぐる回ることができるんだろうか。楽しみだぜ。。。

 

買ってきたのは写真のバウムクーヘン。ライザップとファミリーマートのコラボ商品みたい。食べてみると、糖質制限に役立つと思われる商品としては、結構おいしく、しっかり甘い。で、しっとり。糖質制限に役立つと思われるスイーツが、コンビニにフラっと入って買える。この手軽さはとても良いと思います。糖質制限向けの菓子やパンは多くあるけど、通販や冷凍品の場合が多く、「手軽ではない」ものも多いようです。コンビニでフラッと買えて、糖質制限に役立つと思われる商品で、なおかつ値段もそこそこのものという意味ではとても気に入りました。

f:id:shangrila88:20170407234311j:plain


ただ、注意すべきは「糖質制限ダイエット用の食品」とはどこにも書いていないことです。まぁ、これを食べるだけで「痩せる」と思われても困るでしょう。もちろん、ライザップの名前を出しているし、糖質を抑えた製品であることはホームページにも書いてありますが、問題はこの商品を利用する側が考えて利用しないと、せっかくの「糖質の抑制」を活かせなくなる可能性があり、そうなるともったいないと思われます。

 

実際、表記によれば1コの糖質が10グラム超あり、これを食べるときは食事の方の糖質をよく見ておかなきゃなぁと思いました(食事は結構大雑把にやっていますので、スイーツだけで10グラム超摂ってしまうと、食事の糖質をもう少し丁寧に調整しないといけなくなるなぁーと、思いました。ただし、ローカーボダイエットのどの「流派」でやるかによっても、「10グラムちょっと」の意味は違ってくるとは思います。。。)。結局、食べる側が「大体このくらいの糖質・カロリーを持った商品だな」とわかったうえで、食事(デザートを含む)の質・量をコントロールしながら利用しないと、せっかくの糖質を抑えた製品の良さを生かせなくなってしまいます(これはどんな食べ物でも一緒ですけどねー)。この点には留意したいものです。


何度もいいますが、糖質を抑えたスイーツが手軽に買えること自体が良いことだと、私は思っています。あとは、我々利用者が、そのような製品を賢く利用できればとても良いことだと思うのです。それで、ファミマを見て回ると、ほかにもライザップとのコラボをうたうスイーツが結構置いてあるので、別の奴も試してみたいと思います。糖質制限食がメジャーになると、関連商品も増えてくるのでありがたいです。ファミマへ行くのが楽しみになってきました。

 

実は、バウムクーヘン(みたいなお菓子)好きなんですね。スーパーで売っている「お徳用」的な一袋に9コか10コくらい詰め込んだ安いもの(どっちかというとバウムクーヘンもどきみたいな)も大好きでした。過去の断酒ではアルコールを我慢するために甘いものに手を出し、このようなバウムクーヘンもよく食べましたよ(太った)。ああいうのを「むさぼるように」食べ散らかしたい。。。しませんが。

ああ、やっと休日だ。休める。。。

f:id:shangrila88:20170407234406j:plain

☆縦位置で☆

☆PHOTO:D7100 + AF-S DX Micro NIKKOR 40mm f/2.8

※当ブログではダイエットなど健康の話題に触れていますが、それ以外の話題も含め、あくまで個人的な体験談・感想にすぎません。特に健康面に関する事柄は、当ブログ以外で信頼できる情報を収集・参照してくださいますようお願い申し上げます(当ブログの記事を参考に何かを実践して不具合が起きても、責任などは負えません)。