シャングリ☆LA!

「写☆んぐりら!」(旧表記)。写真で綴る日々<撮影記、機材、ダイエットや断酒といった生活記録、写真そのものなど>。

青々と

f:id:shangrila88:20170512231543j:plain

……(タイトルに対し)緑じゃん!……なんて話はどうでもよくて(笑)。
今日も写真撮らなかったので、数日前の写真。

 

近所を歩いていると、なんてことない木の葉が光の加減で美しく輝いていました。カメラぶら下げていたので、パチリ。

 

木々の上には透き通った青空が広がっていました。初夏らしいすがすがしい、爽やかな景色に、その後もしばらく見入ってしまいました。

 

カメラを持ってなかったら、見過ごしていたんだろうなぁ。

 

スマホでいいので、「何か写したい」と思いながら散歩してみませんか。
楽しいですよ。

 

体重:目標値をキープ
断酒:128日。もう少しで130日。「普段は」酒のこと、あまり気にならなくなってきました。

☆PHOTO:D7100 +AF-S DX NIKKOR 10-24mm f/3.5-4.5G ED(のはず)

 

ブランパンうまし。

f:id:shangrila88:20170511232943j:plain

今日は写真撮れなかったので、最近撮影したランチのパンを。

 

家族が焼きそばを食べるというので、散歩がてらブランパンを買って、サンドイッチにして。こう見えると大きそうに見えますが、実際は結構小さいです。40ミリのレンズ(APS-Cサイズのカメラで使用)でこのように撮影してしまうと少し遠近感が出てしまうため、手前のやつが大きく見えちゃってます。本当はもうちっと構図を工夫すべきか何かすべきでした。なんも考えてなくてごめんなさい(反省、でもこのレンズ、便利なんだもん)。


さて、糖質抜きの食事に慣れた人でも、炭水化物の味わい・香りが恋しくなることがあります。また、糖質OFFの問題点の一つに、食事の準備が手間、という問題があります。たとえば、休日のランチをインスタント麺で済ませる、乾麺を茹でて済ませる、パン焼いて済ませる、朝食の残りのごはんをおにぎりにして済ませる、などの手軽な食事が案外しづらいと。

 

でも、近所にローソンがあれば散歩のついでのブランパンで済ませられます。消費期限が短いから、常備というわけにもいかないですが、欲しくなったらサンダル履きで(?)フラッと出かけて手に入れられるという意味ではとても便利です。特に私のように日常的にパンを必要としない人(必要とする人は通販でまとめ買いして冷凍したり、場合によっては自分で作ったりしていると思われるので)にとっては、必需品だったりします。

 

そして、もう一つの効用。それは「形から入る」です。何かを始めるときに「形から入る」とスムーズにいくことがあります。ダイエットも形から入るというスタート方法が使えると思うのです。毎日体重計(体組成計)に乗る、そもそも体重計を買ってくる、ダイエット関連商品を買って使う……などがそう。

 

ダイエットを始めると考えると面倒になっちゃうけど、とりあえず糖質OFFの食べ物を買ってきて食べ始めちゃう、という方法も使えそうな気がします。一食食べちゃったからには二食目も、みたいな感じで軌道に乗せていく感じで。そんな食べ物の候補としてブランパンは便利な気がします(ただ普通のパンとは、まったく同じではないです。でも頑張ったと思う。それがタイトルの「うまし」)。どうでしょう?

(※ただ、自己流のダイエットは危ないので、糖質OFFでも別の方法でも、信頼できる情報をちゃんと調べたうえでやってくださいね)

 

☆PHOTO:D7100 + AF-S DX Micro NIKKOR 40mm f/2.8

※当ブログではダイエットなど健康の話題に触れていますが、それ以外の話題も含め、あくまで個人的な体験談・感想にすぎません。特に健康面に関する事柄は、当ブログ以外で信頼できる情報を収集・参照してくださいますようお願い申し上げます(当ブログの記事を参考に何かを実践して不具合が起きても、責任などは負えません)。

きっとこのまま

f:id:shangrila88:20170510222047j:plain

リアルの世界(実名の世界)での話です。。。

……

人の前で感情をさらけ出せる人がうらやましいです。
人に面と向かって言いたいことを言える人も。

 

私にゃできない。

 

人に対し、心をむき出しにするのが怖いのかもしれませんね。
これからも、きっとこのまま。

 

でもね。いいんじゃないかな。
太陽が雲に隠れちゃう日があっても。
雨で太陽が見えなくなる日があっても。

 

ならば、私だって、
ずっとこのままでもいいんじゃないかな。

無理に自分を変える必要もないじゃない。

 

と、ようやく思えるようになりました。

……


でも、人から「あいつはズケズケものを言いすぎる」
なんて思われていたりして(笑)。

 

常にそう。自分自身が悩みの種。

でも、付き合うほかないでしょ。

 

☆PHOTO:D7100 + AF-S NIKKOR 35mm f/1.8G ED

ホイップクリームクロワッサン……まぁ!

f:id:shangrila88:20170509221213j:plain

連休中の一コマ。すいません、糖質制限ダイエッターを名乗っておきながら、こんなものをたべてしまいました。ごめんなさい。

 

ただ、①朝食はいつも通り(ココナッツオイル+コーヒー、つまり糖質OFF)、②昼食は糖質OK、③夕食は糖質OFF――というスタイルでやっていました。糖質が多いものは基本昼食で摂るということに決めていた(多少の逸脱あり)し、その昼食も糖質制限食で済ませたことも多かったように思います。

 

なので、まぁ、糖質制限的には「まぁ!こんなもの食べて!」なんだけど、全体的には節制をしていて、その範囲内で脱線を楽しんでいる、といった感じでしょうか。

 

でも、こんな食べ方ができるのも「維持期」に入ったからだよなぁー、とも思います。また、油断するとまた太ってきてしまうのは間違いありません。慎重に、慎重に(これ、本当に私の自己流での「維持期」の過ごし方になっているので、特にダイエッターの方は注意して読んでくださいね。情報を提供しているつもりはなく、あくまで体験記としてお読みいただければと思います)。

 

維持期に入ったおかげで、だいぶダイエットの話題が減っちまいましたが、60キロ前後をキープの方針はしっかりと維持しております。実際、太る前のスーツを着てみたら、余裕で着れまして。なんでも取っておくものだとしみじみ思いましたね。お気に入りだったスーツも再び着られるようになりました!ダイエットはエコでもあります。

 

で、肝心のクロワッサン。私は好きです。これ。一カ月くらい間をあけてまた食べてみようかな。糖質制限以外もおいしかったローソンのパンでありました。

 

連休明けだと、一週間長いですね。。。。でも、だからといって連休いらないとは口が裂けても言わない(笑)。

☆ PHOTO:D7100 + AF-S NIKKOR 35mm f/1.8G ED

 

※当ブログではダイエットなど健康の話題に触れていますが、それ以外の話題も含め、あくまで個人的な体験談・感想にすぎません。特に健康面に関する事柄は、当ブログ以外で信頼できる情報を収集・参照してくださいますようお願い申し上げます(当ブログの記事を参考に何かを実践して不具合が起きても、責任などは負えません)。

アンテナ君

f:id:shangrila88:20170508212023j:plain

昔は夜、みんなテレビ見てたよなぁ。
テレビ見てないと話題についていけないみたいな。
そういえば、学校で友達とテレビの話、よくしてた。

 

でも、俺、テレビ見なくなったなぁ。
いつからだろう。
まったく見ないわけじゃないけどね。

 

俺が歳とっちゃったのかな?
それとも世間のみなさんも同じなのかな。

 

わからないや。

 

でも、夜の娯楽が増えたのは確かだよね。

ネット、スマホ、、、。

 

アンテナ君もなんだか寂しそう。
俺の思い込みかなー。

 

☆PHOTO:D7100 +AF-S DX NIKKOR 18-140mm f/3.5-5.6G ED VR

暑くなってきましたね……。

 

 

おわりだねー。

f:id:shangrila88:20170507215507j:plain

暑さを感じるいちにち。でも、さわやか。
連休中は空も緑もいいかんじ。

 

こいのぼりが本当に泳ぎだしそうだったなぁ。
見上げていると、おもわず吸いこまれちゃいそうな気がしたよ。


今日は2回も更新しちまった。
(さっき更新したやつはこれ

 

さ、明日は仕事だ。寝よう寝よう。

どこまでボカそうか

f:id:shangrila88:20170507133940j:plain

ファミマ×ライザップのバナナケーキ、再び食べてみました。実は前にアップした写真、端っこがちょっとだけ切れていて失敗だったのです。撮りなおす意味もあって、買ってきました(恥をさらすようだが、これです)。

 

 

最近、写真を撮るときに絞り込んで撮影(ボケが少ない写真ができます、解説は下の方にあります)することが多かったので、今回はそれなりにボケを活かした写真を撮ろうと思って撮りました(結局、ちょっとボカして終わりになってしまった)。思えば、一眼レフを買ったばっかりの時はボケに感動して、何でもかんでもボカして楽しんでいました。最近は隅々までくっきりした写真が気に入って、絞り込むことが増えました。

 

昔は小絞りボケ(絞り過ぎると画質が低下します)を気にするあまり絞り込まなかったんですが、最近はあんまり気にしないで絞ってしまっています。きっかけはテーブルフォトを撮るようになってからですかね、極端に絞るようになったのは。料理やスイーツの隅々までをはっきり見せたいと思うようになってからは、大きく絞り込むようになりました。

 

うーん、結局、ちょっとボカしただけで終わってしまった。写真は難しいですね、完全な「正解」がない世界でもあります。結局、撮り手が何を見せたいかによっても写真は変わるわけだし。考えているうちに何が良くて、何が悪いのだかわからなくなってきてしまいますね(笑)。いずれにせよ、日々精進であります。

 

……で、ケーキの方ですが、リピして思ったのだけれど、ケーキ、バナナの臭いがもっと薄ければもっといいなぁと(全否定でごめんなさい)。バウムクーヘンの方が私は好きかな。これ

 

<簡単な解説>
絞りはカメラに取り込む光の量を調整する仕組みです。単純化して言うと、同じ明るさで写真を撮る場合、絞るとシャッタースピードが遅くなり、絞りを開けるとシャッタースピードが速くなります。「絞り優先オート」を使うことができるカメラであれば、手軽に効果を確認することができます。

 

一方、絞りはシャッタースピード以外に、画質やボケの表現にも関係しています。ここからが面倒なところであり、おもしろいところでもあります。

 

画質に関して言えば、絞りを絞っていくと「あるところ」でまでは画質が向上していきます。ただ、あるところを過ぎると、今度は画質が落ちていきます(これを小絞りボケとか回折現象とかいいます)。これを嫌って、あるところより絞らない人もいるし、私みたいに絞れるんだから絞っちゃえ(RAWファイルで画像を残しておけばシャープかけることもできるし)と考える人もいます。人それぞれ(と思う)。

 

次に、絞りを絞っていくとピントが合って見える範囲(ピントを合わせた前後の範囲です。「被写界深度」といいます)が広くなります(ボケが小さくなる)。絞りを開くと、狭くなります(ボケが大きくなる)。

 

◎まとめ
絞りを絞る⇔絞りを開く
F値(数字)を大きくする⇔F値を小さくする
シャッター速度が遅くなる⇔早くなる
ピントが合って見える範囲が広がる⇔狭くなる
画質があるとこまで向上する⇔しない

 

エラそうに書いていますが、いつもテキトーです。その場のノリだったりします。ごめんなさい。

f:id:shangrila88:20170507133109j:plain

☆リフトなしバージョン。