読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シャングリ☆LA!

「写☆んぐりら!」(旧表記)。写真で綴る日々<撮影記、機材、ダイエットや断酒といった生活記録、写真そのものなど>。

断酒(その4「断酒に夢中!」)~高カカオチョコレート~

f:id:shangrila88:20170317232340j:plain

今、というか糖質制限を開始してから、定番おやつの一つにチョコレートが仲間入りしました。糖質制限にチョコ!!と思われるかもしれませんが、高カカオチョコならあまり糖質を含んでいません。私が良く口にするのは明治の「チョコレート効果
」。カカオ分95%のやつです。糖質は「ひと箱」で約8グラムほど。一片ずつ袋詰めしてあるのですが、一片あたりの糖質はほんのわずかということになりそうです。コーヒーを飲みながら一片をゆっくり口の中で溶かしつつ、まったりとした濃厚なカカオを味を楽しむ時間がとても大好きになりました。また、とても苦いので、コーヒーには甘味料を入れて、コーヒーの甘みで苦いチョコを楽しむこともあります。

 

ただ、食べるのはせいぜい一日に一片程度にとどめていますね。高カカオチョコ、探すといろいろあるので、輸入食品店などをのぞいていろいろ食べ比べてみようと思っています(でも、ちょっと高いんだよなぁ)。

 

f:id:shangrila88:20170317231414j:plain

では、断酒話の続き、前にやってみた断酒(3年程度で挫折)のお話しです。なお、前回も書いたのですが、あくまでも私はこんな経験をして、こんなことを考えましたというお話です。医学的根拠もないし、あくまで素人の経験談だということを念頭に置いてご一読ください。

 

と、いうことで『禁酒セラピー』を使って断酒のスタートダッシュを切った私でした。年間を通じて、ほとんど休肝日すら設けなかったくらいの飲兵衛ですが、結構すんなりと断酒のスタートを切ることができました。

 

あとは断酒を軌道に乗せるためにさまざまな「行動」を起こしていきます。前回も書いたのですが、「何もしない」ことを「始める」のは難しく、イメージもしづらい。そこで、「何もしない(=酒を断つ)」ための「具体的な行動」は何かないか探し、その行動に夢中になる、その行動に一所懸命になる……ことで断酒を軌道に乗せていこうとしました。

 

つまり、ただ「飲まない」だけだと難しいので、飲まない「ため」に「アレをしよう」「コレをしよう」と夢中でいろいろなことをやってみるわけです。夢中になれば、それで断酒が軌道に乗るだろうと。なんとなく私の考えを理解していただけましたでしょうか???いずれにせよ、何かを成功させるためには、「そのことに夢中になる」ことが大切だと思います。そして、夢中になるためには、具体的な行動として実行できれば、より取り組み易いと思うのです。

 

で、典型例としては、よく「断酒ブログ」を始める人が多いですよね(このブログにもそんな性格があるかもしれません)。一方で、先人の書いた断酒ブログを必死に読む、「断酒」「禁酒」「断酒●日(●の部分には、今の自分が断酒をして経過した日数が入る)」などで検索し、ヒットした記事を読みまくるなども、そのような行動の一つでしょう。私も良くやりました(過去形でなく、やっています、か)。前回の『禁酒セラピー』を読むもそうでしょう。

 

また、禁酒セラピーでは「ダメ」って言われたのですが、代替品でごまかすというのも手ですね。ノンアルコールビールはよく使う手です。ただ、私は炭酸水がお気に入りなので、ノンアルビールはあまり使いません。ただ、飲み会に出て、「酒は飲まないよ」というと、同情されて「じゃ、ノンアルどう?」とすすめられてしまいます。これは、愛嬌です。断らず、こちらも調子を合わせて「雰囲気だけでもうれしいな」とかなんとかいって、いただくようにしています(ノンアルを)。

 

このほか、何か食べてお腹をイッパイにするというのもよくやる手です。好きな物を腹いっぱい詰め込んでしまう。私の場合、甘いものを良く食べました。コンビニに寄って、饅頭なんかを良く買ってきましたね。そんなときに食べるのは、なぜか和菓子でした。あと「安い」チョコも。酒を我慢するために食べるチョコは、なぜか高級チョコより、ブラックサンダーみたいな駄菓子系のチョコが好みでしたね。

 

いずれにせよ、なんでか知らないのですが、断酒すると甘いものを食べたくなってしまいました。太ってしまうので、避けたいのですが、とりあえず酒を断つだけで大事業。断酒もダイエットも両方やるのは難しいので、断酒に集中し、あの時は食べましたね~。おかげで、幸せに断酒できました。ただ、現在は断酒+糖質制限をセットにし、ダイエットを断酒の理由づけに使うことで、断酒のモチベーションを上げています。なので「断酒→太る」路線と正反対の道を歩んでいます。

 

あと、読書。やっぱりお酒にまつわる本でした。覚えているのは、なだいなだ先生の『アルコール問答』。この本は断酒を考えている人、酒を飲みすぎの人などにはおすすめです。私的には良書。漫画では定番『アル中病棟』(その前の巻に相当する失踪日記も)も面白かった。それ以外にもたくさん読んだ気もします。思い出したら、それらの本も紹介していくかもしれません。

 

とまぁ、あれもやって、これもやって、一所懸命「断酒」を目に見える行動に落とし込んで取り組みましたね。軌道に乗ってくると、あまりこういうことはやらずに普通に生活できるようになってきます。酒を飲まない生活が、習慣として定着すると、ずいぶん楽になってきます。

 

ところが、酒を断つといいことばかりではなく、困った問題も起こるのです。次回は困った話をしたいと思います(一応、断酒専門のブログというわけではないのですが、ネタが尽きるまで続いてしまうかもしれません、、、)。

 

☆PHOTO:D7100 + AF-S DX Micro NIKKOR 40mm f/2.8(この組み合わせもしばらく続くかもしれません)

 

※当ブログではダイエットなど健康の話題に触れていますが、それ以外の話題も含め、あくまで個人的な体験談・感想にすぎません。特に健康面に関する事柄は、当ブログ以外で信頼できる情報を収集・参照してくださいますようお願い申し上げます(当ブログの記事を参考に何かを実践して不具合が起きても、責任などは負えません)。