読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シャングリ☆LA!

「写☆んぐりら!」(旧表記)。写真で綴る日々<撮影記、機材、ダイエットや断酒といった生活記録、写真そのものなど>。

断酒(その6「今年こそ断酒しないと」)~もう桜かぁ~

f:id:shangrila88:20170320001006j:plain

3連休の中日。このブログを開設して一週間経ちましたが、テーブルフォト(ブツ撮り写真)しか掲載していない!そんなことに気付いたこともあり、カメラをもってお散歩に出ました。

 

ソメイヨシノにはさすがにまだ早いですが、別の種類の桜は咲いています。さっそく撮影しましたが、元来花は苦手です(じゃぁ何なら得意なんだと言われると返答に窮しますが)。ましてや、桜は難しい。難しく考える必要がないのでしょうが、寄るのか、引くのか、構図はどうする。寄ったら寄ったで、どう切り取るか。露出(明るさ)はどうする。明るいイメージにしたい=ピンクが飛んじゃう、ピンクを再現したい=なんとなく暗い感じがする。。。どっちを優先するか、とか考えているときりがなく。結局、こんな写真になりました。。。。結果、やっぱり花、特に桜は苦手だと、再確認。花の写真の撮り方、誰かレッスンしてくださらないだろうか。。。

 

あと今日は風がありましてねー、マイクロ(マクロ)レンズでの撮影は厳しかったです。動態撮影のモード(AF-C)にして、風で揺れる「しべ」にピントを合わせ続けながら連写して、良さげなものを使っています。でもピントもどこまで合わせるか(被写界深度をどこまで深くするか)も悩ましいところです。一つの花をしっかり描写したくて絞り込むと、ぼかしたいところまでハッキリしてきちゃうし、あんまりぼかしすぎても何を撮りたいん(見せたいん)だかわからない写真になってしまうし。

 

うーん難しい。でもだからこそ、写真の撮影は面白いのでしょうね。

 

さて、今、写真以外で夢中になっていることの一つに「断酒」があります。こちらの続きを書きたいと思います。今回は、今実施している断酒に至る経過です。連続ものとして書いてきましたが、連続ものとしては最後にしたいと思います(断酒の話は書き続けます、今夢中になっているので、登場頻度は高いと思いますが。。)。

 

<今日のダンバナ(断酒話)>
私が困っている飲酒ですが、たぶん入院するほどではないと思う。しかし、このままの調子で飲み続けると、たぶん、行きつくところまで行ってしまうのも目に見えているのかな、と。それで、わたしの飲み方は、こんな感じ。とりあえず昼間っからは飲まなかった(休日でも)。しかし、夜になって帰宅すると、とにかく飲みたくなる。そして、夕食時=晩酌時なので、毎晩飲むことが完全に習慣として定着している状況でした。休肝日も作らず飲んで、飲む量も多い(まぁ、多いときでハイボール500缶×1、350缶×1、ポケットウイスキーを1本程度)。飲み終わるころにはへべれけになって寝てしまう、当然覚えていない。時折、それでも飲み足りないことがあって、フラフラコンビニまで歩いて行って、買ってくることもあったっけ(一応、車や自転車には乗らないだけの、最後の理性は働いていました)。

 

夜になると、とにかく酒を飲むことが最優先になってしまう。自分の健康面、精神面などを考えると、このままこの生活を続けるといけないと思った。節酒をしようとしたが、できない。今、自分はアルコールに頭の中を乗っ取られつつある。このまま放っておくと、完全にアルコールに自分の脳がコントロールされてしまう!そんな恐怖感を覚えていた。また、子どもに、毎日晩酌する姿を見せていいのか?そんな思いも日々強まっていった。

 

酒の上での失敗もあった。決定的なものはない(と思う)が、結構いろいろやらかしている。さらに、体調面でも眠りの質があきらかに落ちており、寝ても寝ても疲れが取れない。また、身の回りのものや、自分の体格(腹が出てきた、それもものすごく)に無頓着になってきている。酒そのもののカロリーが高いうえ、酔っぱらって理性が抑制されてどんどん食べてしまうから、太る。アルコールのカロリーと、アルコールによる食欲増進作用と理性の抑制での食べ過ぎ→腹が出る→おそらく内臓脂肪が半端ない→放っておくと成人病の見本市みたいになってしまう→どうしよう、困ったなぁ。

 

で、やめたいのだけれど、結局、次の日には飲んでしまう。起きると後悔(以下、繰り返し)。

 

で、考えた。さすがにまずい。今、やめないと。正月はたらふくのもう。そしたら、もういいじゃないか、そこで酒をよそうと。そして、同様にやばくなった腹。健康診断の結果も、ものすごくひどいものではないけれど、成人病の兆候が出てきている。お医者さんに診てもらわなくても、肥満と飲酒を放置したらやばいことはわかる。まずは内臓脂肪を落とさないといけない。断酒しよう、ダイエットもしよう。ズボンの腹の部分がすでにひどいことになっている、ボタンをはめるのがひと苦労だし、ベルトの穴が一番外側まで来てしまった。放置しておくとスーツも全部買わなきゃいけなくなる。痩せて買い替えならうれしいけど、太って買い替えは手痛い出費でしかない。大体、痩せたい、体調管理をしっかりしなきゃ、と思ったのは今年の夏だ。その後、ずるずると冬まで来てしまった。よし!やめるぞ!

 

結局、健康診断で再検査しないといけない数値があったので、お医者さんのところへ行かねばならない。そのためには1カ月程度の断酒を試みて、体調を整えていこう!だっていつも健康診断の前は断酒できているじゃない!などと、マインドコントロールを必死にして、えい!やぁ!と断酒+糖質制限ダイエットに突入した。一日断酒できると、次の日もそのまま続いた。一日できたのだから、これを止めてはもったいないという意識がはたらくようになったから。

 

と、いうわけで、今回はダイエットで内臓脂肪をどうにかしなくちゃ、そのためには断酒が絶対必要、そして再検査のために断酒が絶対必要と、そのあたりをテコにして断酒モードに突入することができた。『禁酒セラピー』は使わずに酒を止められたので、ちょっと嬉しかった。

 

……思わず力が入っちゃって「ですます調」やめちゃったのですが(笑)。始まってしまうと、ダイエットが糖質制限(すぐに目に見える形で変化が来る。始めたばかりのころについては、体重が急減したとしても、実際は水分が排出されて体重が急変化しているだけらしい。その後はもちろん脂肪が減っていくのでしょうが)だったこともあり、モチベーションも高まりました。炭酸水を買い込んだり、睡眠改善薬を準備したり、目に見える形で、断酒のための行動を起こすことで、断酒継続に弾みをつけたりしました。また、断酒ブログを読みあさったりしたことも断酒継続への励みになりました。また、ここでこのように断酒のことを書くことも役立っていますね。

f:id:shangrila88:20170320001254j:plain

最後に今日の昼ごはん。仕事場で昼休みに。コンビニで買ったスンドゥブチゲで、糖質は「炭水化物」表記で9グラムほど。このほか、サラダ(卵とツナの)とチーズ。三脚使いたかったナ。あともうちっと絞ればよかったカモ。ご愛敬ということでゴメンナサイ。


☆PHOTO:D7100 + AF-S DX Micro NIKKOR 40mm f/2.8

 

※当ブログではダイエットなど健康の話題に触れて中身いますが、それ以外の話題も含め、あくまで個人的な体験談・感。想にすぎません。特に健康面に関する事柄は、当ブログ以外で信頼できる情報を収集・参照してくださいますようお願い申し上げます(当ブログの記事を参考に何かを実践して不具合が起きても、責任などは負えません)。