シャングリ☆LA!

「写☆んぐりら!」(旧表記)。写真で綴る日々<撮影記、機材、ダイエットや断酒といった生活記録、写真そのものなど>。

サカナスイッチ。

f:id:shangrila88:20170425221206j:plain

昔、よく行った場所の一つに房総半島の沿岸部を挙げることができます。銚子の方から館山方向へとドライブしながら南下していくのがお気に入りのコースでした。頭を空っぽにして、カーオーディオをかけながらタバコをふかして車を運転するのがお気に入りで、「何も考えたくない!」というときによく走ったもんです(現在は禁煙してしまったので、タバコは吸いません。正直、昔喫煙していたことを後悔しています)。

 

なんであんなに千葉に行ったのか、今でもよくわかりませんが、なんとなく海岸沿いの景色や雰囲気がツボにはまったのですね。あとで知ったのですが、つげ義春さんの『ねじ式』には千葉県の漁村の風景がそのまま登場するようです。

 

今でも時間があれば行ってみたいのですが、一泊二日かけて一人でなーんにも考えず、なーんの計画も立てず、ただ思うがままに走り、途中下車(車の場合、これでいいのかどうか)しながら車を走らせるような旅をしてもよいのかどうか。この歳になった自分は悩むのであります。一方で、この歳になり、「浪費」がいかに贅沢な時間の使い方か、知りつくした自分もいて「本当は人生にそのような浪費は大切なこと」ともう一人の自分を説得にかかっており、少し迷いますね。

 

まぁ、「人生に時間の浪費は大切なこと。決して無駄なことではない」ことははっきりしているかな。少なくとも私にとって。


話を戻して、旅の食事は、当然(?)魚です。千葉といえば、イワシやアジでしょうか。あと、サンマか。なので、これらの魚を食べると、時折千葉でなーんも考えずに楽しくドライブした若いころのことを思い出すことがあります。

 

この間も食卓にアジフライが上り、これがスイッチとなって独身時代のいろいろなことを思い出しました。どうやらおいしい食べ物はタイムマシンのスイッチにもなっているようです。10年もすれば、今のことを思い出すようになるのだろうか。思い出すとしたら、やっぱりスイッチは食べ物なのだろうなぁ。

 

ちなみに、このアジフライの衣は、おからパウダー(乾燥したおからの粉)で作ってあります。糖質制限ダイエットに有効(と思われる)な低糖質アジフライなのでした。おからパウダーはスーパーで売っているそうです。

 
☆PHOTO:D7100 + AF-S DX Micro NIKKOR 40mm f/2.8

 ※当ブログではダイエットなど健康の話題に触れていますが、それ以外の話題も含め、あくまで個人的な体験談・感想にすぎません。特に健康面に関する事柄は、当ブログ以外で信頼できる情報を収集・参照してくださいますようお願い申し上げます(当ブログの記事を参考に何かを実践して不具合が起きても、責任などは負えません)。