シャングリ☆LA!

「写☆んぐりら!」(旧表記)。写真で綴る日々<撮影記、機材、ダイエットや断酒といった生活記録、写真そのものなど>。

ブランパンうまし。

f:id:shangrila88:20170511232943j:plain

今日は写真撮れなかったので、最近撮影したランチのパンを。

 

家族が焼きそばを食べるというので、散歩がてらブランパンを買って、サンドイッチにして。こう見えると大きそうに見えますが、実際は結構小さいです。40ミリのレンズ(APS-Cサイズのカメラで使用)でこのように撮影してしまうと少し遠近感が出てしまうため、手前のやつが大きく見えちゃってます。本当はもうちっと構図を工夫すべきか何かすべきでした。なんも考えてなくてごめんなさい(反省、でもこのレンズ、便利なんだもん)。


さて、糖質抜きの食事に慣れた人でも、炭水化物の味わい・香りが恋しくなることがあります。また、糖質OFFの問題点の一つに、食事の準備が手間、という問題があります。たとえば、休日のランチをインスタント麺で済ませる、乾麺を茹でて済ませる、パン焼いて済ませる、朝食の残りのごはんをおにぎりにして済ませる、などの手軽な食事が案外しづらいと。

 

でも、近所にローソンがあれば散歩のついでのブランパンで済ませられます。消費期限が短いから、常備というわけにもいかないですが、欲しくなったらサンダル履きで(?)フラッと出かけて手に入れられるという意味ではとても便利です。特に私のように日常的にパンを必要としない人(必要とする人は通販でまとめ買いして冷凍したり、場合によっては自分で作ったりしていると思われるので)にとっては、必需品だったりします。

 

そして、もう一つの効用。それは「形から入る」です。何かを始めるときに「形から入る」とスムーズにいくことがあります。ダイエットも形から入るというスタート方法が使えると思うのです。毎日体重計(体組成計)に乗る、そもそも体重計を買ってくる、ダイエット関連商品を買って使う……などがそう。

 

ダイエットを始めると考えると面倒になっちゃうけど、とりあえず糖質OFFの食べ物を買ってきて食べ始めちゃう、という方法も使えそうな気がします。一食食べちゃったからには二食目も、みたいな感じで軌道に乗せていく感じで。そんな食べ物の候補としてブランパンは便利な気がします(ただ普通のパンとは、まったく同じではないです。でも頑張ったと思う。それがタイトルの「うまし」)。どうでしょう?

(※ただ、自己流のダイエットは危ないので、糖質OFFでも別の方法でも、信頼できる情報をちゃんと調べたうえでやってくださいね)

 

☆PHOTO:D7100 + AF-S DX Micro NIKKOR 40mm f/2.8

※当ブログではダイエットなど健康の話題に触れていますが、それ以外の話題も含め、あくまで個人的な体験談・感想にすぎません。特に健康面に関する事柄は、当ブログ以外で信頼できる情報を収集・参照してくださいますようお願い申し上げます(当ブログの記事を参考に何かを実践して不具合が起きても、責任などは負えません)。