シャングリ☆LA!

「写☆んぐりら!」(旧表記)。写真で綴る日々<撮影記、機材、ダイエットや断酒といった生活記録、写真そのものなど>。

すいかと焼きそば

f:id:shangrila88:20170803203925j:plain

「季節のもの」って、撮影意欲わきますよね。今はすいかとか入道雲とか。

 

今日もすいかがあったので一枚。すいかと焼きそば。なんとなくミスマッチのような、夏祭りのイメージから夏らしい写真のような。なんか面白い組み合わせだなぁと思いつつシャッターを押しました。

 

で、こんなときに悩むのが、後ろの焼きそば(副主題)をどこまでぼかすかです。いっつも事前に決められなくて、ある程度ぼかしたもの、中間、ボケを排除したもの(開放付近、中間、絞り込んだもの)、を何枚かずつ撮影しておいて、あとで決める方法をとっています。もう少しスマートに撮りたいものですが、優柔不断な性格が出ております。動かないものだからいいものの、動くものや感情があるものを撮影するときは試してみてあとで選ぶようなわけにはいかないので。

 

とはいえ、悩んでいる間が楽しかったりしますけどね(笑)。

 

……それにしても、すいかって種がたくさん入っていないと、すいかっぽくないですね。

☆PHOTO:D7100 +AF-S DX NIKKOR 18-140mm f/3.5-5.6G ED VR

 

※よくわからない方向けの解説。

絞りはカメラに取り込む光の量を調節する機能です。絞りを開くと光が多く入る。絞るとちょっとしか入らなくなる。

絞りはボケの量を調節する機能もあります。絞りを開くとピントが合って見える範囲が狭くなる(ボケが大きくなる)、絞りを絞るとピントが合って見える範囲が広がる(ボケが小さくなる)

 

☆実例:右上の焼きそば部分を拡大

f:id:shangrila88:20170803204138j:plain

絞り開く(F5、Fの後ろの数字が小さい)(ぼけを大きくしたい) 

 

f:id:shangrila88:20170803204221j:plain

絞りを絞る(F29、Fの後ろの数字が大きい)(ぼけを小さくしたい・ただここまで絞り込むと小絞りぼけという画質の低下が起こります<なので少しシャープを強めにかけています>)