シャングリ☆LA!

「写☆んぐりら!」(旧表記)。写真で綴る日々<撮影記、機材、ダイエットや断酒といった生活記録、写真そのものなど>。

対策は万全

f:id:shangrila88:20180222232448j:plain


ついにやってきました。別にうれしいわけではありません。いや、温かくなってうれしいんですよ。闘いが始まりましたが、シーズン前から薬はもらっています。高校生くらいから自覚し、ずっと戦っているので、一応対応はできています。もちろん、スギ花粉の話です。

 

①1月から薬を飲み始める(症状が出てから行くと混むしね、特に強い風が吹いた翌日、または当該週の土曜午前)。②とりあえずタリオン呑んでおけばOK。③薬飲んでもマスクはしておく。④家に入る前に服をポンポンはたいてから入る。⑤布団は外に干さない。⑥室内には空気清浄機(加湿機能付き)……辺りをやっておく。以下、意味はないけど、精神的にやっておくこと。①環境省の「はなこさん」を見る、②ウェザーニューズの花粉情報を見る。知ったからと言ってどうしようもないのですが、とりあえず見る。知ることが落ち着く何かがある。

 

ということで、この時期には大分対策は進んでいて、薬飲んでます。いつもはタリオンという飲み薬でした。しかし、今年は「ビラノア」という比較的新しいお薬を処方され、これを飲んでいます。この薬のとってもすごいところは、一日一錠だけでいい。これはスゴイです。超便利なんですが、その一方、「空腹時」でないと効き目が落ちるという点です。なので、呑むタイミングが面倒。ついでに飲んだら1時間は食べない方がいいという話です。この空腹縛りが案外面倒で、なくなったらタリオンに戻してもらうよう頼んでみようかしら。

 

いずれにせよ、私の経験でいえば、花粉が飛び始めたらはやめにかかり付け医院に行って、さっさと薬を処方してもらって、症状が出る前から飲み始める。すると大分軽くすむ感じがしています。グシグシやっている友人に聞いてみると、病院はいっていないといいます。痩せがまんしないで、さっさと病院行っちまって、ヤクを出してもらえばいいのに、と思ったりしました(昔の自分も、なぜか病院に行こうとしなかった)。

 

昔は市販薬の点鼻薬をいつも胸ポケットに入れていたのですが、病院に行くようになってからは点鼻薬を買わなくなりましたね。

 

まだの方は対応をお早めに。