シャングリ☆LA!

「写☆んぐりら!」(旧表記)。写真で綴る日々<撮影記、機材、ダイエットや断酒といった生活記録、写真そのものなど>。

パンダ

f:id:shangrila88:20180228210355j:plain

パンダ月餅。一個200円くらいだったと思います。高いけど、中華街きちゃった勢いでかったさ。何にも考えず、パンダ=かわいい→判断停止という流れで、つい買ってしまった。

 

……昔っからそうなのである。旅行でお土産物コーナーへ行くと、自分へのお土産に普段買わないようなものを買ってしまうのです。思えばその歴史なんですが、旅先のお土産物売り場にはねぇ、あるんですよ。魔力が。

 

みやげ売り場に入るとですね、いきなり「何買おうかな」と思っちゃうのですね。ホラ、はまってる。魔力にはまってますよ。すでに。だって、入った時点では、買っても買わなくてもいいの。でも、フラフラと店に入るときには「何買おうかな」とすでに思ってしまっている。もう買う前提になっちゃってるわけです。店はいるだけで「何買おうかな」になってしまっているので、財布を開く抵抗感が普段より小さくなっているんです。

 

次に、非日常なので必需品を買うという前提がないんですね。日常の必需品だったら必要かどうか判断して買います。節約しなきゃ、という謙虚な思いもあるのですね。でも、旅行のお土産物、買うのはそもそも必需品ではない。さらに、ここでしか買えない(ネットで買えばどこでも買えるけど、そもそもここへ旅行に来ているからこそ興味があるのであって。家帰ったら通販で買おうという気はなくなるので、結局、ここでしか買わない。ちなみに「私の場合は」です)という希少性も、判断をわずかに狂わせますね。で、旅行へきておおらかな気持ちになっていることもあります。

 

……とまぁ、このような魔力が旅先の土産物コーナーにはあるわけですよ。結果として、買い物への抵抗感をなくしてしまうのです。でもまぁ、ふところが痛むほどは買いませんが。せこいので。。。パンダ月餅だって、元をとろうとしてしっかり写真まで撮っているしね。ひたいのあたりにへこみができてるけど、気にしないでくださいまし。