シャングリ☆LA!

「写☆んぐりら!」(旧表記)。写真で綴る日々<撮影記、機材、ダイエットや断酒といった生活記録、写真そのものなど>。

光と空気

f:id:shangrila88:20180604224435j:plain

イチョウといえば、秋。イチョウ並木を歩くのもよし、銀杏くささを味わうのもよし(くさいけど、秋だなぁと強く思います)。でも、夏のイチョウもいいものです。明るいグリーンの葉っぱが美しく、真昼間に見るとすがすがしい気持ちになります。大企業の工場内や学校にイチョウ並木があったりして、明るさを演出していますよね。

 

カメラを持って夕方にぶらぶらしていると、イチョウが夕日に美しく照らされているのを発見。昼間に見たグリーンのさわやかな気持ちよさはなくなりますが、まさに「イチョウ型」の個性的な葉の形、まっすぐな葉脈、逆光に照らされてやや黄色味を帯びた色合い。思わずファインダーをのぞき込みました。

 

この時期は毎年、夕暮れの景色を撮影することが増えます。最も屋外でシャッターを切る時期ではなかろうか。……これだけイチョウのことを書いておいてアレですが、実際は夕方の空気感や光を写したいんですよね。ただ、光だけを写せないので、光線の具合や色合い、空気感を間接的に表現できる被写体を探しているというか。

 

このところかなりの割合で「夕方」の写真を載せていますが、完全に興味がそっちに行っているので、しばらくは夕方をテーマにした写真が増えるかもしれませぬ。