シャングリ☆LA!

「写☆んぐりら!」(旧表記)。写真で綴る日々<撮影記、機材、ダイエットや断酒といった生活記録、写真そのものなど>。

冷やしこんにゃく麺とホワイトバランス

f:id:shangrila88:20180801213323j:plain

冷やし中華を似せたこんにゃく麺(月のうさぎ冷し中華こんにゃく 醤油味)です。ある程度歯ごたえのある麺を食べたくなったら買ってくることにしています。また、ちょっと最近食べ過ぎ、なんて時には気持ちをリセットするために食べたりするのもいいですね。

 

ちなみに、これ日曜の昼食時に撮影しました。屋内(屋内の電灯を消して太陽光だけで撮影)で撮影するときホワイトバランスをオートにしていると青っぽくうつることがあります。ちなみに、ホワイトバランスの調整を忘れて試し撮りしたときの一枚(あくまで試し撮りね)。青っぽいのわかりますかね。私のカメラの場合は、室内でオート撮影するとこうなることが多いです。

f:id:shangrila88:20180801213543j:plainf:id:shangrila88:20180801213323j:plain

★左 WBオート、右 WBマニュアル 追記:マニュアルの方、現像の際少し手直しをしていますが、WBはいじってません。全体の彩度は少し上げましたが色味は変わっていないはずです。なので、厳密な比較ではありません、雰囲気は分かっていただけると思います。

食べものを撮影するとき青っぽく写ると、美味しくなさそうに見えることが多いです。ホワイトバランスを手で「曇り(NIKON 他のメーカーも似たようなのがあると思います)」などに設定するか(赤味が増すはずです、わざとらしくなることもあるので使えないこともありますが)、マニュアルホワイトバランス(グレーカードがあるといいですが、厳密さにこだわらなければ白い紙などでも)をとった方がいい結果になることが多いです。商業写真じゃないので、正確さにこだわる必要はないと思うのですが、「やや」暖色系に振った方がおいしそうに見えることが多いと思います。

 

ただ、この写真もスープが見えなかったり反省することも多いのですが。

 

料理の撮影は難しいですね。。。。