シャングリ☆LA!

「写☆んぐりら!」(旧表記)。写真で綴る日々<撮影記、機材、ダイエットや断酒といった生活記録、写真そのものなど>。

ちょっと旅に(5)~門司港駅のたたずまいにほれました

f:id:shangrila88:20180809221536j:plain

★九州の北の方へ旅に出ておりました、門司港での印象続きます。

さて、門司港を訪れた一番大きな目的は「九州鉄道記念館」の訪問でありました。小さな鉄道博物館でしたが、電車が好きなお子さん連れ等であれば、楽しいひと時を過ごすことができるのではないでしょうか。子連れ旅には、おすすめです。そして、九州の鉄道を見ること。全部には乗れないので、一部の特急電車と新幹線(800系つばさ)を見物したいなぁということです(これはこのあとの博多ですが)。

 

なので、昔ながらの建造物などにはあまり関心を示さない一家が訪れたんだな、と思ってください。せっかくの門司港レトロ、我が家はスルー(雰囲気は楽しみましたが)。ごめんなさい。

 

ただ、一か所、魂をわしづかみにされた建造物があります。それが門司港の駅であります。おしい、実におしいのが、駅舎は現在修築中で外観がよく見えないんですね。でも、駅についた瞬間ホームそのもの、そこにかけられた屋根と柱などがいい雰囲気で出迎えてくれ、日常世界から非日常の世界に瞬間移動したような気分になれたものです。

 

もうちょっとこの駅のなかで色々見ていたかったけどなぁ。