シャングリ☆LA!

「写☆んぐりら!」(旧表記)。写真で綴る日々<撮影記、機材、ダイエットや断酒といった生活記録、写真そのものなど>。

旅情

f:id:shangrila88:20180912224301j:plain

若い人にはなじみがないかもしれません。そもそもSUICAなどの登場によって、切符を買う機会すら減っているうえ、券売機で買った切符は裏が黒くてペラペラした質感のもの。切符にハサミを入れる……こと自体、大分珍しいことかもしれません(大きな駅では、昔、改札口に駅員さんがズラリと並び、通過する乗客が差し出す切符にハサミを入れていたものです)。昔は窓口で切符を買うと、こんな厚い紙でできた切符が出てきまして。これを硬券などどいっていたようです。

 

この前、箱根登山鉄道のイベントに参加した際、子どもが切符への日付入れを体験させていただき、そのままいただいてきました。大人は見て、子どもの様子を写真に撮っていただけですが、それでも十分懐かしく、楽しいイベントでした(鉄道好きなお子さんが行くようなイベントで、駅の放送などを体験することができます)。

 

「旅の雰囲気」といえば、個人的にはやっぱり鉄道絡みが一番です。

 

……旅の記念品の切符、帰宅ついでに一枚パチリ。ホワイトバランスを調整したわけではなく、ストロボの発光部分にオレンジ色のプラスチックの板を重ねて光らせて、夕方っぽくしたものです(WBは晴天に固定しました)。夕方のオレンジ色の光っぽくすると、なんとなく旅情が出る気がしたもので。